自動車設計、システム開発のアウトソーシング企業 株式会社BEX(ベックス)

会社情報

会社情報company profile

トピックス

※写真は「トヨタグローバルニュースルーム」より転載

私たちの新しい挑戦

TOYOTAのコンセプトカー「i-ROAD」の設計サポートを行った当社の
次へとつながる新しい挑戦を、実際の現場で成長したスタッフのメッセージを交えて
ご紹介いたします。

都市をスマート&クリーンに駆け抜ける3輪式超小型EV
「i-ROAD」は、コンパクトなボディサイズによるバイク並みの使い勝手と新しい乗り味による楽しさを提供する超小型電気自動車(EV)である。第43回東京モーターショー2013に出展した「i-ROADコンセプトモデル」をベースに、今回のモニター用車両では利便性や視認性をさらに向上させるとともに、リア周りをより軽快感のあるデザインに改良。また、ワクワクした気持ちと高揚感で乗っていただけるよう全5色のカラーバリエーションを設定している。

※写真は「トヨタグローバルニュースルーム」より転載

  • 2013/11 第43回東京モーターショー2013出展(i-ROADコンセプト)
  • 2014/2 スマートモビリティ向け社会に向けて、豊田市実証実験開始
BEXの担当業務

i-ROAD

  • 車両パッケージ検討のサポート
  • 部品搭載設計
  • カーシェアリング用部品の搭載設計

BEXチームリーダーに聞く

自動車技術部 第3内装設計室 中川真樹
中川真樹
これまでに無い新しいプロジェクト
BEXの担当は、「車両パッケージの検討」、「車両部品の搭載・設計」、「シェアリング部品の搭載・設計」でした。企画初期から参加させていただいたことでコンセプトや仕様を意識した開発というものを経験することが出来ました。特に今回の車両は私が今まで携わってきた乗用車とまったく異なる車両でしたので、基本構造も搭載もほぼ1から考えることが多く、物事の原理・原則に立ち返ることも多々あり、当たり前と思っていたことがどういう理由でそこに至ったのかを知る機会が多く、とても勉強になる毎日でした。
「悩みと決断」が、次へとつながる学びとなる
一番大変だったのは、とにかく短期開発だったということですが、委託元であるトヨタ自動車様の担当の方々の何をするのも否定ではなく肯定から入り前向きな議論で問題解決を進めて行くことと、我々に近い位置で一緒に悩んで仕事をして頂いたこと、そして何より、「ここぞ!」と言う時の決断力、こういったものが開発を進める原動力でした。
そういうところには学ぶべきものが多く、こういう仕事を経験できたことがこれからのBEXに必要なものになると感じました。

このページはトヨタ自動車株式会社様の許可を得て掲載をしています。